いつもご覧いただきありがとうございます

今回はまたも個人的なお話となりますので、ディズニーに関する何かの参考になる(かもしれない)記事とは違いますが、読んでいただけると嬉しいです


1614239804360


今月は、更新頻度を戻そう宣言という記事を書きましたが…
またもやブログの更新が低めで、2月がそろそろ終わろうとしています

そして、この記事のタイトルの通り、今月は新しくWEBラジオに挑戦する事となりました


こちらが私のチャンネルです!
この記事を書いた、2021年2月25日時点で5回分の配信が完了しました


これより先は…このラジオのお知らせと、なぜラジオを始めたのかという話を書いていきます

IMG16611


まず「stand.fm」というアプリは誰でも気軽に音声配信ができるものです

番組の配信を行う場合は、専用アプリをスマートフォンにインストールする必要がありますが、このアプリさえあれば、スマートフォン1つでもラジオを作ることができます🎶

ライブ配信と収録という2つの形があり、自分に合ったスタイルで自由に配信を行えます!

ちなみに私はパソコンを使って収録した音声を、スマートフォンに移して配信しています。
(今のところ、ライブ配信の予定はありません)

聴く場合に関しては、アプリがなくてもWEB(ブラウザ)で気軽に聴くことが出来ます。
それと放送への「いいね♡」とレター(チャンネルへのお便り)も送ることが可能です♪

※WEBからですと、放送へのコメントとチャンネルのフォロー(更新通知)は出来ないので、もし宜しければアプリから聴いていただけると嬉しいです。


ここまではアプリについてのお話ですが、次は私のチャンネルの主な内容についてです

予定している放送の内容としては…
このブログやTwitterと同じく、主にディズニーに関する事柄を語っていきます


ディズニー映画に関連した物語の朗読

チャンネル宛にいただいたお便りの紹介

ディズニー関連の最新情報の中で気になった事柄を紹介
(国内外パーク、映画、新商品の発売情報など色々)

好きなキャラクターや作品について

ディズニー以外の好きなものや日常の話

忙しい毎日の中で、ちょっと一休みできる時間を、リスナーさん達と一緒に作りたい♫をモットーとしています



次は、どうしてラジオという形態を選んだのかということ…

私は家族の影響で、幼い頃からよくFMラジオを聴いて育ち、学生時代には試験前の勉強中などに流しながら、ラジオから元気をもらっていました。

その学生時代から「声を使う仕事」への憧れを持っていました。
ですが、その夢を叶えることは出来ず、そんな無理な憧れは忘れようと決め、それから10年近くが経ちました。

そして現在、感染症のパンデミックに伴い、思うように外出や旅行をしたりすることが難しい状態が続いています。
ブログもそのタイミングで始めたものではありますが、今は更にTDRは入園者数の制限が厳しい事もあり、チケットの入手が困難となり、なかなかインパークすることが出来ません。

それならば、何か家の中だけで出来る新しい楽しみを見つけてみようと思い、行きついたのが子供の頃に憧れていた「声を使う事」でした!

ということで…このブログと並行して、ラジオでも発信をしていきます
2月はラジオの準備や練習などに注力してしまい、記事の作成が滞ってしまいましたが、3月には同時進行させていきたいと思っています
ただ家事や在宅仕事も併行しているので、今まで通りその間の暇な時に…という感じにはなります。
 

改めまして、このブログと新しく始めたラジオも、どうぞ宜しくお願い致します
ご覧下さる方、聴いて下さる方に、少しでも楽しい時間をお届けしたいと思っております



IMG16612~2



最後に、私がWEBラジオを始めてみようと思ったきっかけであり、始めるに当たって相談にのってもらった方のチャンネルを宣伝させて下さい!!



新人Vtuberの翠玉(すいぎょく)らてらさんは、毎日30分程度(だいたい午前中に更新)の楽しいラジオを配信しています♫
曜日毎にコーナーを設けて、私よりもっと本格的なラジオ番組となっているので、気になる方は是非とも聴いてみて下さい
私と同じく彼女もディズニーが好きなので、曜日やお便りの内容に寄っては、ディズニーに関するお話もされています

私自身はstand.fmのフォロワー何人という目標は特にありませんが、彼女はフォロワーさん1000人を目指して頑張っているので、バラエティに富んだ楽しい番組を届けてくれるという点からもフォロー推奨です!!!!
(特定の物や人を宣伝するという行為は、心から自分がいいと思わなければ私は絶対にしません)


それでは長くなってしまいましたが、最後までご覧いただき誠にありがとうございます
また次回や別の記事も読んでいただけると嬉しいです